B型肝炎の給付金

お金B型肝炎について最近話題になることが増えています。それがB型肝炎の給付金を請求できるという法律が制定されたからです。B型肝炎に集団感染した被害者たちが集団提訴したことによって、国と裁判をしました。その結果として和解が成立して、新しい法律が制定されて、国はB型肝炎の感染者に対して給付金を支給することになったのです。

B型肝炎というのは血液感染してしまうものです。かつて集団予防接種が行われていたときに、注射器が使い回されていたという事実がありました。これは国がきちんと指導していなかったために起きたことです。そのため国に責任があります。その結果として、いろいろな子供たちにB型肝炎が感染しました。その子供たちが大人になって結婚をして子供を産むと、その子供にまで二次感染したケースもあります。そのため、感染者がどんどん増えてしまったのです。

このようにしてB型肝炎に感染してしまった方は、給付金を請求することができます。その際には国を相手にして裁判をして、そこで受給資格を満たしていることが認められれば、実際にB型肝炎の給付金を受け取ることができるという流れになっています。しかし、このような制度があることを知っていても実際に手続きをしていない方はたくさんいます。裁判をすると聞くと難しそうというイメージがあるからです。

こちらではこれからB型肝炎の給付金を支給してもらいたいときにどうすれば良いのかを説明しましょう。分かりやすく解説しましょう。