資料収集について

B型肝炎の給付金請求をするためには資料を集めなければいけません。受給資格を満たしていることを証明するために必要となるのです。そのために必要な資料はたくさんあります。

たとえば、自分がB型肝炎ウイルスに持続感染していることを証明するための検査結果が必要です。これによって自分が感染者であることを客観的に証明することができるのです。

母子手帳さらには母子手帳を用意したり、注射跡を確認することによって、満7歳になるまでの間に集団予防接種を受けていたことを示しなければいけません。また一時感染者の場合は、それが母子感染が原因でないことを示すために母親や年長の兄弟などの検査結果も必要となります。他に感染の原因がないことを示すために医療記録も必要となります。

このようにいろいろな資料を要求されるのです。具体的にどのような資料が必要となるのかは、しっかりと確認しておきましょう。弁護士に相談をすると、どのような資料が必要となるのかを教えてくれるでしょう。また、資料集めを手伝ってくれます。弁護士費用を国が補助してくれる制度があるため、積極的に弁護士を頼るとよいでしょう。代理人として行動してくれるため、とても楽になります。しっかりと準備をしましょう。


関連リンクB型肝炎給付金請求の相談|弁護士法人アディーレ

受給資格について

B型肝炎給付金には受給資格というものがあります。誰もが受け取れるわけではないのです。B型肝炎委感染したのが集団予防接種の注射器の連続使用によるものであることを証明しなければいけません。あるいは一時感染者から母子感染や父子感染をしたり、あるいは三次感染をした場合も受給資格があります。さらにこの人たちの相続人の方にも受給資格はあります。

予防接種一時感染者の方の場合はまず昭和16年7月2日から昭和63年1月27日までに生まれていることが要件となっています。さらにB型肝炎のウイルスに持続感染している必要があります。そして、満7歳の誕生日の前日になるまでに集団予防接種やツベルクリン反応の検査を受けていることが要件です。そして、これら以外に感染原因がないことも証明しなければいけません。

二次感染者の場合は親が上記の要件をすべて満たしていることを証明する必要があります。感染原因が母子感染や父子感染であることも要件です。また、相続人の場合はB型肝炎の感染によって家族がなくなったことを証明しなければいけません。

このようにそれぞれのケースについて要件が定められています。この要件を満たしていることを証明するための資料を集める必要があるのです。

B型肝炎の給付金

お金B型肝炎について最近話題になることが増えています。それがB型肝炎の給付金を請求できるという法律が制定されたからです。B型肝炎に集団感染した被害者たちが集団提訴したことによって、国と裁判をしました。その結果として和解が成立して、新しい法律が制定されて、国はB型肝炎の感染者に対して給付金を支給することになったのです。

B型肝炎というのは血液感染してしまうものです。かつて集団予防接種が行われていたときに、注射器が使い回されていたという事実がありました。これは国がきちんと指導していなかったために起きたことです。そのため国に責任があります。その結果として、いろいろな子供たちにB型肝炎が感染しました。その子供たちが大人になって結婚をして子供を産むと、その子供にまで二次感染したケースもあります。そのため、感染者がどんどん増えてしまったのです。

このようにしてB型肝炎に感染してしまった方は、給付金を請求することができます。その際には国を相手にして裁判をして、そこで受給資格を満たしていることが認められれば、実際にB型肝炎の給付金を受け取ることができるという流れになっています。しかし、このような制度があることを知っていても実際に手続きをしていない方はたくさんいます。裁判をすると聞くと難しそうというイメージがあるからです。

こちらではこれからB型肝炎の給付金を支給してもらいたいときにどうすれば良いのかを説明しましょう。分かりやすく解説しましょう。