受給資格について

B型肝炎給付金には受給資格というものがあります。誰もが受け取れるわけではないのです。B型肝炎委感染したのが集団予防接種の注射器の連続使用によるものであることを証明しなければいけません。あるいは一時感染者から母子感染や父子感染をしたり、あるいは三次感染をした場合も受給資格があります。さらにこの人たちの相続人の方にも受給資格はあります。

予防接種一時感染者の方の場合はまず昭和16年7月2日から昭和63年1月27日までに生まれていることが要件となっています。さらにB型肝炎のウイルスに持続感染している必要があります。そして、満7歳の誕生日の前日になるまでに集団予防接種やツベルクリン反応の検査を受けていることが要件です。そして、これら以外に感染原因がないことも証明しなければいけません。

二次感染者の場合は親が上記の要件をすべて満たしていることを証明する必要があります。感染原因が母子感染や父子感染であることも要件です。また、相続人の場合はB型肝炎の感染によって家族がなくなったことを証明しなければいけません。

このようにそれぞれのケースについて要件が定められています。この要件を満たしていることを証明するための資料を集める必要があるのです。