資料収集について

B型肝炎の給付金請求をするためには資料を集めなければいけません。受給資格を満たしていることを証明するために必要となるのです。そのために必要な資料はたくさんあります。

たとえば、自分がB型肝炎ウイルスに持続感染していることを証明するための検査結果が必要です。これによって自分が感染者であることを客観的に証明することができるのです。

母子手帳さらには母子手帳を用意したり、注射跡を確認することによって、満7歳になるまでの間に集団予防接種を受けていたことを示しなければいけません。また一時感染者の場合は、それが母子感染が原因でないことを示すために母親や年長の兄弟などの検査結果も必要となります。他に感染の原因がないことを示すために医療記録も必要となります。

このようにいろいろな資料を要求されるのです。具体的にどのような資料が必要となるのかは、しっかりと確認しておきましょう。弁護士に相談をすると、どのような資料が必要となるのかを教えてくれるでしょう。また、資料集めを手伝ってくれます。弁護士費用を国が補助してくれる制度があるため、積極的に弁護士を頼るとよいでしょう。代理人として行動してくれるため、とても楽になります。しっかりと準備をしましょう。


関連リンクB型肝炎給付金請求の相談|弁護士法人アディーレ